建築家による注文住宅のメリットってどんなことがあるの?

好みのデザインを選べる

注文住宅というと敷居が高いイメージがありますが、最近では建築家のホームページも沢山ありだいぶ気軽にお願いできるようになりました。建築家による注文住宅の最もよいところは好きなデザインの住宅を建てることができることです。いろんな建築家の方の住宅実例を見て好みのデザインのものを選ぶことができます。そして、デザインそのものだけではなく周辺の景観に合わせたデザイン、植栽などもしてくれます。まさに地域と調和した建築物ができるわけです。

間取りなども大胆にできる

建築家による注文住宅のメリットの1つに間取りなども自由に選択できることです。何LDKという従来からの間取りにとらわれることなく柔軟な発想をすることが可能ですし、建築家のほうからライフスタイルに合わせた間取りの提案をすることも多くあります。例えば小さな子供さんがいる場合であっても間仕切りのほとんどない1室空間を提案される場合もあります。一方で、3畳ほどの小さな部屋をいくつか配置するようなそんな住宅もあったりします。このような常識にとらわれない間取りというのも建築家による注文住宅ならではですね。

建築家による注文住宅は意外に安い!

建築家というと高いイメージがありますよね。確かに一般的には建築費用の10%から15%の設計、監理費用がかかります。しかし、このような費用を含めても建物にかかる総費用は低い場合もあるのです。その秘密は1つには建築コストの低減があり具体的には素材、原料等を吟味して建物に応じたきめ細かい選択をするからです。2つめは相見積もりで、図面が完成してから数社による見積もりをとりますので、競争原理によってより低額な工事費となる可能性が高いのです。

注文住宅とは、施主の希望に沿うように間取りや設備を設計して建てる家のことです。使用する建材なども選ぶことができる利点があります。