マンションと一戸建てどっちが良いのか!その比較をしてみよう

マンションの良さは立地

家を購入するときマンションにすべきか一戸建てにすべきかって、どうしても迷いますよね。もちろん人それぞれライフスタイルの違いがありますから、一概にどちらが良いかということは言えないものですが、しかしそれでも両者にはそれぞれメリットとデメリットがあるものです。たとえばマンションというのは立地の面で一戸建てよりも優れていると言えます。というのも、マンションは駅の近くや都市部に建設されることが多いため、都会の華やかな生活ができるのです。

一戸建ての良さはどこか

一方、一戸建てはマンションと違って、駅のすぐ近くとか街の中心などには中々建てられないものです。したがって、駅から少し離れたところや、郊外の住宅地などに建っていることが多いものです。マンションのように都会の華やかさはないかもしれませんが、しかしその分、郊外の緑豊かなところで暮らすことができ、閑静で落ち着いた生活ができるといところに大きなメリットがあります。マンションと違って、自分の庭を持つことができ、家庭菜園など趣味の幅も広げやすいでしょう。

資産価値で言えばどうか

マンションと一戸建てですが、賃貸と違ってどちらも不動産という試算としての価値が生まれます。マンションの場合、もちろんケースバイケースですが、一般的に駅に近く街の賑やかなところに作られるため、その分資産価値も高めにつくことが多いでしょう。一方、一戸建ての場合は、郊外に建っていたりするため、マンションに比べて資産階は劣る傾向にあります。しかし一戸建ての場合、土地の資産価値というのも合わせてつくものですから、どちらも優れた資産価値を残すことができます。

函館のマンションに住むメリットは、なんといっても景色が素晴らしいところが多いところが、とても魅力的です。