賃貸物件の「K・DK・LDK」の違いを知ってると部屋探しに便利!

そもそも「K・DK・LDK」とは?

部屋探しの情報をを見ていると、一見意味が分からない不動産用語がたくさん使われています。「K・DK・LDK」などはその代表で、具体的な意味はよく知られていないと言えるでしょう。一般的に、「K」はキッチンのことで、「DK」は4.5畳以上広さがあるダイニングキッチンのことを指し、さらに「LDK」は8畳以上の広さがあるリビングダイニングキッチンのことを言います。つまりこれらは、キッチンの広さによって主に使い分けられている用語なんです。

一人暮らしなら「1R・1K・1DK」がおすすめ!

一人暮らしの物件のとして「1R(ワンルーム)」と呼ばれる物件が有名で、これはキッチンと居室の仕切りがない物件のことですが、同じぐらいの占有面積でも「1K・1DK」には仕切りがあるという違いがあります。しかし、ただ寝泊りするだけなら1Rでも十分ですが、日常的に自炊などをするなら1K・1DKのほうが適しているとも言われています。そして1DKはキッチンスペースが4.5畳以上あるため、調理だけでなく、食事をするスペースも確保できるという点が1Kとの違いだと言えます。

家族なら「2LDK」以上がおすすめ!

まず「2LDK」というのは、8畳以上のキッチンと2つの部屋がある物件という意味です。ある統計によると、家族住まいで最も多いのは2LDKであり、次いで3LDKや、2DKに住んでいる世帯が多いという結果になっています。そしてほかにも、3DKなどの物件も家族向けと言えるでしょう。つまり家族で住む場合は、キッチンの広さや部屋の数を検討する必要があるということです。またカップルの場合は、2DKの物件も人気があります。

物件数のたくさんあるエリアで賃貸探しをしてみたい方には札幌市白石区の賃貸が便利です。物件数がかなりあります。