賃貸住宅と持ち家とではどちらを選んだ方がいい?

賃貸住宅と持ち家を費用面で比較しよう

賃貸住宅を借りる際には初期費用として敷金や礼金、仲介手数料等を支払う必要がありますが、入居し始めたら毎月払うのは決められた家賃だけです。二年に一度の更新以外は大きな出費がなく、室内に設置された設備が故障しても大家さんが直してくれるので安心です。一方の持ち家は初期費用として様々な手数料や頭金が必要になってきます。賃貸住宅と同じように毎月住宅ローンの返済があります。さらに固定資産税や都市計画税を年に一回払うので、費用面で比較すると賃貸住宅の方が負担が少ないでしょう。

賃貸住宅と持ち家を住み心地で比較しよう

賃貸住宅では多くがアパートタイプやマンションタイプですから、他の入居者と一つの建物の中で生活することになります。その分騒音や人目を気にしながら生活しなくてはならないという意識が働くでしょう。その点持ち家は敷地の中が全て自分の所有物ですから、ゆったりとした気持ちで暮らせるというメリットがあります。気楽に生活できるという点では持ち家の方が優位に立ちますが、セキュリティー面で比べると集合住宅タイプの方が安心だという方も多いでしょう。

賃貸住宅と持ち家を長い目で見て比較しよう

賃貸住宅も持ち家も両方にメリットがあるので、一概にどちらが良いとは一言では言えませんね。今現在よりも将来を考えてどちらにするかを選びたいと思ったら、何十年間という長い期間で支出する金額を計算してみましょう。賃貸住宅の場合や家賃や更新の他に引越しした場合の費用をプラスします。持ち家の場合は初期費用の他に修繕費や税金といった維持費をプラスしましょう。ただ持ち家の方は将来的に売却することができるため、資産価値として考えてもいいでしょう。

青山は街並みが美しい上に、便利な商業施設がたくさんあります。そのために、青山の賃貸は人気が高く、問い合わせが増えています。

続きを読む

賃貸物件の「K・DK・LDK」の違いを知ってると部屋探しに便利!

そもそも「K・DK・LDK」とは?

部屋探しの情報をを見ていると、一見意味が分からない不動産用語がたくさん使われています。「K・DK・LDK」などはその代表で、具体的な意味はよく知られていないと言えるでしょう。一般的に、「K」はキッチンのことで、「DK」は4.5畳以上広さがあるダイニングキッチンのことを指し、さらに「LDK」は8畳以上の広さがあるリビングダイニングキッチンのことを言います。つまりこれらは、キッチンの広さによって主に使い分けられている用語なんです。

一人暮らしなら「1R・1K・1DK」がおすすめ!

一人暮らしの物件のとして「1R(ワンルーム)」と呼ばれる物件が有名で、これはキッチンと居室の仕切りがない物件のことですが、同じぐらいの占有面積でも「1K・1DK」には仕切りがあるという違いがあります。しかし、ただ寝泊りするだけなら1Rでも十分ですが、日常的に自炊などをするなら1K・1DKのほうが適しているとも言われています。そして1DKはキッチンスペースが4.5畳以上あるため、調理だけでなく、食事をするスペースも確保できるという点が1Kとの違いだと言えます。

家族なら「2LDK」以上がおすすめ!

まず「2LDK」というのは、8畳以上のキッチンと2つの部屋がある物件という意味です。ある統計によると、家族住まいで最も多いのは2LDKであり、次いで3LDKや、2DKに住んでいる世帯が多いという結果になっています。そしてほかにも、3DKなどの物件も家族向けと言えるでしょう。つまり家族で住む場合は、キッチンの広さや部屋の数を検討する必要があるということです。またカップルの場合は、2DKの物件も人気があります。

物件数のたくさんあるエリアで賃貸探しをしてみたい方には札幌市白石区の賃貸が便利です。物件数がかなりあります。

続きを読む