外壁塗装リフォームで選べる代表的な塗料三選

アクリル系塗料はとにかく値段が安い

外壁塗装リフォームをしたいのだけれど、あまりお金はかけたくないという人も多いですよね。数十万で済ませられるか、百万を越えてくるかは非常に大きな差となることがあります。塗料を選ぶことによって、費用はかなり抑えられることを知っておきましょう。アクリル系の塗料が、すべての塗料の中で最も安価だと言われています。ただその分耐久性は他のものよりも落ちますが、きちんと塗るときれいな仕上がりになるのは他の塗料と同じです。

フッ素系塗料は耐久性が抜群

高層ビルなどの外壁リフォームをするなら、できるだけ耐久性に優れた塗料を使いたいものですよね。なぜなら、一軒家とは違って費用がかかるからです。工事の回数を減らすことができれば、その分お金が浮く可能性が高いです。フッ素系の塗料であれば、長ければ二十年程度効果が持続するので、工事の回数を大幅に減らすことができて便利です。フッ素系塗料は値段が高いですが、その分性能もよく、防汚性や防炎性にも優れていて安全度も高いです。

バランス最高なシリコン系塗料

安さと性能を兼ね備えて、一般の人に最もオススメできるのが、シリコン系の塗料です。これはアクリル系の塗料とフッ素系の塗料とのちょうど中間に位置するもので、何を選ぶか困ったときにはこれを選んでおけば問題がないと言われているほどです。後悔にしくいですし、人気も非常に高いです。他の塗料を選べない業者でも、シリコン系の塗料は選べることが多いです。コストパフォーマンスという意味においてはこれ以上はないというほどステキなものです。

外壁塗装なら鎌ヶ谷は全ての作業を職人の手によって丁寧に行うので無駄なコストも掛からず品質も非常に高いです。

続きを読む

ますますお得!バリアフリーのためのリフォームに税制支援

バリアフリーへのリフォームを税制で後押し

バリアフリーのためにリフォーム工事を行うと、税制上の優遇措置があるのをご存知でしょうか。対象となる人は、介護保険で要介護・要支援の認定を受けている人やその親族、65歳以上の親族と同居している人、50歳以上の人などとなっています。リフォーム工事ならば何でもいいというわけではなく、定められた工事を行うことがその条件になってはいますが、かなり広範囲の人が対象者となっているため、バリアフリーのためにリフォーム工事をしようと考えるならば、一度は検討してみるといいでしょう。

バリアフリー改修促進税制の仕組み

バリアフリーのためにリフォームを行う際の税制上の支援制度である、バリアフリー改修促進税制では、その対象となる8つの工事が定められています。それは、廊下などの拡幅工事、階段の勾配を緩和するための工事、浴室改良工事、トイレ改良工事、手すりの取り付け工事、段差解消工事、出入り口の戸の改良工事、滑りにくい床材への取り替え工事です。これらのリフォーム工事を行うと、その費用の10パーセントが所得税から控除することができます。そして、その控除額の上限は、20万円となっています。

介護保険を使った助成とも併用可能

バリアフリーへのリフォーム工事に対する税制支援は、所得税の控除だけではありません。固定資産税についても、100平方メートル相当部分までが、1年の間、3分の1にに減額されます。また、このバリアフリー改修促進税制は、条件さえ満たせば、介護保険を使ったバリアフリー改修助成制度と併用して使うこともできます。バリアフリー改修助成の方は、補助率9割で、補助額の上限は18万円です。このように、バリアフリーへのリフォームは、現在では充実した支援制度がありますので、そうした制度を積極的に活用してみるといいでしょう。

新築を購入するとなるとかなり費用もかかりますが、現在の家をリフォームするなら費用も格安で負担が少ないです。インターネットでも情報が沢山掲載されていますので、参考にしてみてください。

続きを読む