飲食店オーナーに求められる能力はこれだ!

まずは早寝早起きが苦にならない

飲食店は、どんなサービスを提供するかにもよりますが、基本的に朝早く夜遅い勤務体系になります。また、アルバイトスタッフを雇い入れても、基本的には、自分ひとりで営業しなければならない事も多く、また、仕込みなどは、自分でこだわりを持って行うことも多く、非常にトータルの営業時間が長くなります。ですから、早寝早起きが苦にならない高いモチベーションが、飲食店オーナーになるために、最低限必要な能力だといえます。

おいしい食べ物を提供できるセンス

「衣」「食」「住」の「食」に該当する飲食店ですから、生活必需サービスなので、非常に多くの競合他点がおり、激しい競争にさらされます。全く同じ商品を提供する店も沢山ありますので、そのなかで勝ち残っていくためには、価格よりも、やはり提供するもののクオリティーで勝負しなければなりません。それは提供するものの「味」であったり、「サービス」であったり、その競合他店との差を生み出すセンスは、飲食店オーナーに必要な能力です。

高いコミュニケーション能力

飲食店オーナーは、美味しいものを提供するだけではつとまりません。自分の店の営業も同時に行わなければなりませんので、お客様と接し営業も行う、高いコミュニケーション能力も必要だといえます。飲食店の場合もそうですが、同じようなサービス、商品を提供するお店を選ぶ場合、最後は「店員」でお店を選ぶことが多くあります。そのため、飲食店オーナーはお店の「顔」としての、高いコミュニケーション能力が必須だといえます。

飲食店の譲渡で満足出来る金額で買い手を見つけるには豊富にノウハウを持っている専門の業者を利用すると良いでしょう。豊富なネットワークを生かしてタイミングを見極めるので高く売却することが可能になっています。

続きを読む